So-net無料ブログ作成

疑惑の影 [好き放題の映画レビュー]

みなさん、こんにちは!
りんご@腐りかけです!



今日は古い映画をご紹介します。
アルフレッド・ヒッチコック監督
『疑惑の影』です!



1943年にアメリカで製作された映画です。
ヒッチコックがハリウッドに来てからの作品ですが、
まだ黄金期に入る前の作品ですね。



私は昔からヒッチコックが好きで、
代表的な作品は大体観たのですが、
この『疑惑の影』は今回が初めてでした。



簡単にストーリーをご紹介しましょう。


カリフォルニアの田舎町で家族と暮らす少女・チャーリー
平凡な街で生まれ、育ち、
平凡に暮らしていくことに退屈を感じていました。


そんなある日、叔父のチャーリーがやってくることになりました。
チャーリーは、自分と同じ名を持つ叔父のことが大好きです。
実業家として成功している叔父は見た目もスラリとした紳士で、
チャーリーは叔父のことを自慢に思っているのです。


叔父との生活で退屈から逃れられたと思っていたチャーリーでしたが、
叔父には何か秘密があることに気付きます。
その秘密は何か、チャーリーは突きとめようとしますが、
その秘密を知ることは、
チャーリーの身を危険に晒すことになるのでした・・・・・・。



といった感じの物語です。
大好きな叔父さんの裏の顔を知ってしまった少女が、
それを誰にも告げることができず、
一人で苦しみ、
そして危険に晒されることになるわけです。



あまり派手な作品ではありませんが、
物語の幕開けは、さすがヒッチコックと思わされるものでした。


ある晴れた午後、
通りでは子どもたちが元気に遊んでいます。
通りに沿って立っているアパートの一室には、
ベッドにが横たわっています。
ベッドサイドのテーブルの上には大金が置かれています。


始まってわずか2分ほど、
これは何かあるな
と一気に物語に引き込まれるのです。


そこに入ってくる大家のおばさん
留守中に男が二人訪ねてきたことを伝えに来たのです。
男は、
また来たら取り次ぐように言いますが、
その後にこう言います。
「だがおかしいな、そんな知り合いはいないんだがな」。



この男が、叔父のチャーリーなのですが、
場面が変わって今度は、カリフォルニアの姪チャーリー宅です。
叔父のチャーリー同様、
姪のチャーリーもベッドに横たわっています。
そこに父親が入って来ます。


そう、同じ名前を持つ叔父と姪とが、
対称的な構図で描かれているのです。
姪のチャーリーは、叔父を【叔父】というよりは、
【双子の兄】のように思っています。
ですから、
このシンメトリーな構図は、
姪のチャーリーの叔父に対する感情を表したもの、
とも言えるでしょう。



が、先にも書いたように、
叔父はチャーリーが思っているような人間ではなかったのです。



この物語は、
平凡な日々に退屈していた少女が、
今まで知ることのなかった現実、
非現実的な現実と対峙することになり、
成長していく物語、
とも言えます。



が、一番のみどころは、
叔父さんのクズっぷりです。
ちょっとネタバレになっちゃうかな?



いやね、
もう二面性ありすぎなんですよ。
最初はスマートな紳士なんです。
が、途中から本性を現して、クズっぷりを発揮するようになるんです。
いい叔父さんだと思ってたのに・・・・・・。



【退屈な日常の中の非現実】がテーマかなと思うのですが、
【退屈な日常】を表すために、
姪・チャーリーの一家の様子が繰り返し描かれています。


推理マニアの父親、
夫をちょっと小馬鹿にするところもあるけれど、涙もろい母、
本の虫でおしゃまな妹、
やんちゃで悪戯好きな弟。


平々凡々な5人家族の平和な日常を描いた、
【ホームドラマ】としての側面が強く出ているのです。
特に妹と弟のキャラクターが個性的で、
観ていてほのぼのとしてしまいます。


そのほのぼの【ホームドラマ】に珍客が入り込むことにより、
【サスペンス】が始まるのです。



古い映画なので、
ちょっと展開がたるいところもありますが、
なかなか面白い映画でした〜(´∀`*)



最後に、ちょっと文句を言いたいのですが、
私がヒッチコック好きにも関わらず、
これまでこの『疑惑の影』を観なかった理由があります。



ヒッチコックの映画の多くは、もう著作権が切れているので、
いわゆる廉価版のDVDが出ていますよね。


が、この廉価版のDVD、
すべてではもちろんないんでしょうが、
字幕がひどいものがあるんです。
ひどいというか、見るに耐えないレベルです。


誤訳というのではありません、
誤訳かどうかは確認していません。
もっと低次元なレベルでのミスです。
誤字脱字
そして、異なる複数の人物のセリフを同時に画面に出すため、
どのセリフを誰が喋っているのかが分からないのです。



廉価版なんて買うからだよゲラゲラ、
そう思うかもしれませんが、
違うんですよ!
某大手レンタルショップで借りたら、廉価版だったんですよ!



DVDの普及により、
ビデオ時代よりも多くの作品を観ることができるようになりました。
が、
あんなクソみたいな字幕じゃさすがに観られん。
というわけで、
なかなかヒッチコックの初期の作品を観ることが
できないでいるのです。


ちなみに、今回はスターチャンネルで放映されたものを
録画して観たので、問題はありませんでした。



この『疑惑の影』も、
DVDによってはクソ字幕なんでしょうか・・・・('A`)
リンクは廉価版ではないものを貼っておきますが、
もしクソ字幕だったら申し訳ないです。



では、長くなりましたが、
この辺で失礼致します〜。
読んでくれてありがとう〜♪
メルシーボークー!

疑惑の影 [Blu-ray]

疑惑の影 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray



疑惑の影 [DVD]

疑惑の影 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



nice!(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。